2012年7月14日土曜日

東京の不動産と日当たり(日照)と相場価格

たとえば、千葉市の近郊では、南側道路の宅地と北側道路の宅地価格差が10~15%有る。日当たり(日照)が不動産相場価格に反映されるからだ。

ところが、東京新築一戸建て分譲販売をしてみれば分かると思うが、だいたい同じ形状で同じ広さの土地付き一戸建てであれば、南側道路も北側道路も、道路幅が同じなら同じ価格で売れる。

これは、東京不動産の大きな特徴の一つと言える。

2012年6月24日日曜日

東京の不動産(宅地)には境界杭が入っている

東京不動産宅地)には必ず、境界杭が入っている。なぜなら、同じ不動産(宅地)が過去何回か売買などで取引されているからだ。戦後、一回も売買などの無い不動産宅地)でも、隣接地で売買などがあったはず。だから、東京不動産宅地)には必ず、境界杭が入っている。取引などで、境界杭が見つからないなどと言われた場合は、せめて50cm位の深さまでは掘ってみた方が良い。それでも、見つからなければ境界杭を埋設するしかない。